東京喰種Reネタバレ56話『ニの王』金木が再び共食い!

「二の王:56」

 

佐々木の攻撃により負傷するエト。

 

エト「痛ッて~~~~~~~~~なああああ~~~~~~~~~、

ボケナスクソカスゴミ!」

 

『バキ バキ』

 

エト「お前お前おまえおまえおまえへおまえへおまえオマエオマママ」

スポンサーリンク

エトは梟の中へと覆われていく。

 

エト「グハア 喰い殺す」

 

天井から飛び出す佐々木、

それを追いかけるエト。

 

エト「待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て!!はぐうッ!!」

『ドガ ド ドガガ』

 

エトの鋭く伸ばした赫子を佐々木は難なくかわす。

 

エト「あたまの中がシャワ・シャワ・シャワ・シャワ」

「植えた木に生ってる」

「りんごお!」

「こうなるともうとまんない」

「飢えた気に成ってるおまえ…」

「すてきななにかがあふれだす…」

 

エトは複数の口から色々な言葉を発している。

 

エト「アアアアアアアアアアアアアアアア!!!!」

 

エトの興奮は止まらない、

佐々木はエトの赫子を寸での所でかわし続ける。

 

エト「あっあっあっ あっあっあっ」

「ヒョウ!」

「イカスーッ」

「ハイテンションブギウギ」

「あねきくん!!!!!」

 

ビルの側面を赫子を使い器用に追いかけるエト、

佐々木もそれを回避するように赫子を使い逃げる。

エト「オゥ」

ビルから跳びかかるエト、

それでも捕まらない佐々木。

 

『ドタドタドタ』

 

エト「oh oh 渚の 胃袋 in the city」

「おーい」

「わたしのこどもにしてやるぞ」

 

『ドタタタタタタ』

スポンサーリンク

 

エト「オッ オッオッオッ」

「あたまの中がシャワ・シャワ・シャワ・シャワ」

「おい」

 

佐々木はエトを確認しながら逃げている、

地上ではその光景を政達が見上げている。

 

捜査官「――和修特等 今のは一体…!?」

政「…(隻眼の梟と…)佐々木…」

 

佐々木はビルの側面を移動しながら、

屋上方向へと逃げる。

 

『トン』

 

そして佐々木が鉄骨のような場所で止まった。

 

エト「なぜにげる」

「いったん○そうぞ」

「イヒー」

「エトォォ」

「や」

 

再び襲い掛かるエト。

 

佐々木「……」

 

エト「ぐげッッ!!!!」

 

佐々木が放つ赫子が何本もエトの身体を貫く。

 

エト「…ふ…っか…すっご…」

 

脱力したようなエトが佐々木へと近づく。

 

エト「……あ…か か… ……か カネキくん―――」

『レロ』

 

近づいたエトは佐々木の左目を舐める。

 

エト「私 あなたのことが好きになったわ!、

わたしたちとても似ているもの!」

佐々木「…」

 

次の瞬間エトの上半身は空中へと放り出されていた、

エトがビルから落ちていく。

 

エト「うふふ あははははははは ときめくなあ 好きよ、

かねきけん アハハハハ」

 

佐々木「……光栄だな 高槻先生」

 

地上では宇井が何かを発見する、

どうやら時間は少し経ってからのようだ。

 

捜査官「――宇井特等」

宇井「静かに なにか聞こえ………!」

『ガツガツガツベチャグチャガツグチャ』

宇井「佐々木くんなにしてん――」

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here