東京喰種Reネタバレ58話『戯れ薄く』金木准特等

「戯れ薄く:58」

月山が夜の街をヨロヨロと歩きまわる。

 

捜査官「いたぞ!!」

月山(皆が賭した命をけして無駄にはしない…)ハァ…ハァ…

 

月山はかなりの損傷を負ったまま現場を離れようとしている。

スポンサーリンク

月山「ぐ…」

(……Shit…!!…手足の感覚が…)

 

捜査官「奴を見つけました!」

「これより駆逐にあたります!」

 

捜査官の手が月山に迫る。

 

月山(こんなところで…僕は……!!)

 

捜査官「!?!? はう…」

「!!! ごひゅう…」

月山「!!」

 

捜査官達は何者かの攻撃によって、

瞬く間に始末される。

 

月山「……!」

(一体――??)

 

すると突然上空から二人が降りて来る。

 

『トン』

 

月山「!! きみたち……――」

堀「月山くん」

月山「!」

 

近くに止まった車両から堀が声をかける。

 

堀「のって」

月山(ホリ……)

 

乗車する月山、

ホリが「タオル貸すね」と言っていると、

月山は運転席を見て驚いた表情を見せる。

 

月山(!)

観母「やあ習くん」

月山「パパ…どうやって…奴らに確保されたと…」

観母「ヘリが堕ちたと聞いてね、

居てもたってもいられずいろいろと、

その後は習くんのお友達と合流したんだよ」

 

車の中では月山の話が続く。

 

月山「ホリ…君…『喰種』を頼ったのか…」

ホリ「うん 他に力のある人いなかったし、

喫茶店の人たちが月山くんの知り合いだってのは知ってたからね、

協力してくれるかはわからなかったけど」

月山「霧島さん…」

トーカ「感謝しろよ アホ山」

月山「四方氏…」

四方「…」

月山「……危険だとは思わなかったのか」

ホリ「そだね そのときはそのとき、

でも正直助けられるか微妙だったんだ、

ビルに追い詰められて月山くんは上にいたし、

飛び降りて助かる高さじゃなさそうだったし、

ホントに飛び降りてくるとは」

月山「落とされたんだ カネキくんに……、

そしてカナエが僕を…」

堀「…」

「カネキくんさ」

月山「……?」

堀「コロス気ならコロしてたんじゃないの?月山くんの事――」

 

――月山観母を移送する車両が所在をくらませた頃、

数台の移送車両が襲撃を受けた。

 

すぐにそれがアオギリの樹の手によるものだと判明した、

アオギリが一体どのように『CCG』の移送ルートを知ったかは、

大きな謎である そして、

その中には 不知吟士の亡骸を乗せた車両も含まれていた――

 

旧多「ドナドナドーナァドォナァー♪」

 

旧多はスマートフォンを持ちながら鼻歌を歌っていた。

 

シーンは変わり少し時間が経過したのか、

CCGの面々が墓地へと訪れている。

六月「……」

スポンサーリンク

~六月回想~

一人佇む瓜江に声をかける六月。

 

六月「……こないの?」

瓜江「……あそこに不知は『いない』」

六月「……、

移送車がアオギリに奪われるなんて」

瓜江「……、

骨はリン酸カルシウムの集合体、

シタイは単なる肉塊でしかない、

……と以前ならそう答えていた だが――、

シシャを埋葬する事には必ず意味がある…、

不知が哀れだからじゃない、

それは 残された者に必要な儀式だ、

……どんな形であれ…俺はかならずシラズを取り戻す――」

 

シーンはラボ内へと変わる。

 

タタラ「―……どうだ嘉納」

嘉納「実に見事だ このフレームの構造は秀逸だよ」

 

手術服に身を包んだ嘉納は、

どうやら解剖中のようだ。

 

嘉納「『喰種』の『赫包』を段階的に人間の身体に慣らしていくという発想は、

シンプルだがゆえに効果的、

その理念を実現させ得るこの特殊な抑制装置これが真に素晴らしい!、

これなら拒絶反応の発生を可能な限り抑えることができるだろう、

このQs技術と私の経験を活かせばきわめて高い可能性で、

喰種化施術を成功させることができるはず さすが地行くんだ」

タタラ「……さらにシタイが必要だな」

嘉納「助かるよ エトさんにも是非報告したいのだが…」

タタラ「……アイツは仕事だ」

嘉納「仕事?」

タタラ「別介意(ビエジェイー)、

……貴様が気にする事じゃない」

 

シーンは入浴中のエトに変わる。

 

エト「へいぃ~っ、

……おてては生えた頃かねぇ、

『私の』はお気に召したかしら?………、

カ・ネ・キ・く・ん…♡―――」

 

何者かがエトの赫子のようなモノで喰種を横半分切断しているシーンへ。

 

『ザブ』

 

喰種「!! く…『黒い死神』…」

 

捜査官「――上官の推察どおりアオギリの一派のようですね、

残党はどうされます――准特等」

金木「駆逐でお願いします」

 

Qs班の班長は殉職した不知吟士に代わり瓜江一等が就任。

 

佐々木琲世上等捜査官は『隻眼の梟』を単身で撃退した功績により、

時期はずれの昇進 准特等捜査官となる。

 

……また当人の希望によりQsの指導者の任を離れる。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Paste your AdWords Remarketing code here